給湯器の水のトラブル修理に必要な資格

水のトラブルの中には給湯器 修理が必要になるときがあります。給湯器の場合は、一刻も早い修理が必要になりますが、給湯器の修理は有資格者でなければできないという法律があります。作業員に必要な資格について知っておきましょう。

■プロパンガスや都市ガスの施工者

プロパンガスの施工者の場合、液化石油ガス設備士の資格が必要です。都道府県の各知事によって交付を受けることができます。交付を受ける条件は液化石油ガス設備士講習の課程を終了していること、もしくは液化石油ガス設備士の試験に合格していることです。都市ガスの施工者には、簡易内管施工士、ガス可とう管接続工事監督者、そのほかガス機器スペシャリストなどの資格があります。


■屋内の給湯器修理や専用コンセントの施工者に必要な資格

屋内の給湯器修理をする際には、液化石油ガス設備士やガス消費機器設置工事監督者の資格が必要になります。ガス消費機器設置工事監督者は認定講習を受けて、さらにその試験に合格した人に与えられる資格です。専用コンセントを施工するために必要な資格は第二種電気工事士、もしくはそれと同等以上の資格です。


■まとめ
都市ガスの修理や工事などに関する資格は、プロパンガスの給湯器交換には必要がありませんが、給湯器 修理にはこれらの資格を持っている作業者によって修理が行われる必要があります。水のトラブルが起きたとき、これらの資格を持っているかどうかあらかじめ業者に確認しておけば、安心して給湯器の修理をまかせることができるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ