水のトラブルをきっかけにトイレのリフォームを考える

ウォシュレットタイプのトイレはトイレ空間を快適にしてくれます。癒しの時間をトイレで過ごすという方も珍しくありません。水のトラブルが起きたことをきっかけに、古くなったトイレを交換することはもちろん、床材や壁紙の張替えなどのリフォームを行うというケースも増えています。

■古いトイレを新しいトイレへ交換

古いタイプのトイレをウォシュレットに変える修理も一般的に行われています。トイレの中に電源がなければ、電源を確保するためのコンセントを作るために配線工事が行われます。次に古いトイレを取り除くための作業が行われます。そして新しいウォシュレットを設置するために必要な部品を取り付けていきます。給水管の作りにもよりますが、既存の給水管を取り外してから止水栓を繋ぐ作業が施され、タンクとの接続作業へと続きます。最後にウォシュレットトイレを取り付けたら完成です。床や壁紙が必要な場合もセットでお任せできるところもあります。

■なぜトイレ交換に資格が必要なのか

トイレ交換をはじめとした水回りのトラブルを行う際、作業員は有資格者でなければならないという決まりがあります。先ほど話したように、ウォシュレットトイレを設置する場合は、電源の確保が必要です。これには専門の知識と技術が必要になるため、有資格者による作業が必要というわけです。



■まとめ
トイレで水のトラブルがおきたとき、トイレ本体が古い場合は交換を進められます。なぜなら、トイレ本体にも寿命があるためです。ウォシュレットトイレを取り入れて、快適なトイレ空間を作ってみませんか?街の修理屋さんへ気軽に相談してみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ